投稿要領

 

 

 

1.本誌に投稿できる者は、日本自然保育学会正会員であり、当該年度の会費を納入している者とする。

 

2.論文及び研究ノートは未発表のもので、かつ内容がオリジナルであるものに限る。ただし、口頭発表やその配布資料はこの限りではない。投稿論文と目的・方法・知見等の面で重複している論文及び内容的に非常に関係の深い論文、調査報告、ディスカッション・ペーパー等がある場合、その写しをすべて添付したうえで投稿すること。

 

3.他の学会誌、研究紀要などへの投稿原稿と著しく重複する内容の原稿の、本誌への投稿は認めな

 い。

 

4.共同執筆の場合は、別紙にそれぞれの執筆分担箇所を明記すること。

 

5.投稿にあたっては、原則としてワードプロセッサを使用すること。

 

6.原稿枚数は本文、タイトル、図表、注、引用文献を含め、下記のとおりとする。

 

(1)研究論文    21枚以内

 

(2)研究ノート   17枚以内

 

7.「研究ノート」とは、特に以下のような特徴をもつ論述をさす。

 

 特定の主題に関して、

 

(1)研究動向・事実状況等を展望し、研究上の提言を行ったもの。

 

(2)史・資料の紹介に重点を置きつつ、考察を加えたもの。

 

(3)その他の萌芽的研究を記したもの。

 

8.論文原稿は横書きとし、以下の点を厳守すること。

 

(1)用紙はA4縦置きとし、1ページ22字×45行、10.5ポイント、上下余白各20mm、左右余白 

 

25mmとする。

 

(2)欧文及び算用数字は、半角文字を使用すること。

 

(3)研究論文の投稿の場合は、英文タイトル、欧文摘要(250語程度)とその邦訳、キーワード

 (5語)を付すこと。

 

(4)「研究ノート」として投稿する場合は、タイトルの前に〈研究ノート〉を記すこと。

 

(5)審査の公平を期すため、原稿本文及び欧文摘要・邦訳には、氏名、所属等を記入しないこと。また本文内に、「拙著」「拙稿」などの表現や、研究助成、共同研究者への謝辞など、投稿者名や所属機関が判明、推測できるような表現は控えること。ただし、これらの記載が必要な場合は、採択決定後に加筆することができる。

 

(6)別紙(1枚)に論文タイトル、投稿者の氏名(ふりがな・ローマ字表記)、所属及び職名、連 

  絡先(住所・電話・メールアドレス)を記入し、同封すること。

 

(7)論文と欧文摘要及びその邦訳は、ページ番号を付し、プリントアウトしたものを各4部提出す

 

ること。

 

9.論文が掲載された場合、投稿者に別刷り20部を贈呈する。

 

10.校正時の大幅な書き直し、図版等で多額の出費を招く場合、執筆者に応分の負担を求めることが

  ある。